土地の名義変更に関する登記について

土地の名義変更が必要になった!!

こんなにある土地の名義変更に関する登記の種類・・・

土地の名義変更に関する登記について

一口に土地の名義変更といっても、さまざまなことが関わってきます。

土地の名義変更の登記などを行う場合、相続なのか何なのかというその理由によって種類が違ってくるのです。

たとえば、法定相続分によって土地の名義変更を行いますよ、という場合には、相続登記の中でも法定相続ということになります。

相続人が複数いる場合、法定相続分で相続登記を行い、さらに遺産分割協議を行い各相続人が相続する持ち分を決定することになります。

この場合は、遺産分割といいます。

遺言書の書き方によっても、相続なのか遺贈なのかが違ってくるため、遺贈と判断された場合には相続時でも遺贈が必要になりますし、死因贈与契約によるものなら所有権移転登記を行う必要があります。

相続人の中に不明者がいるという場合にはさらに複雑になって、家庭裁判所に相続財産を行う人を設けて協議を行う必要があり、とても面倒なことになります。

自分がこうした土地の名義変更を行う場合、まず、どの登記の種類に当たるのかということを理解する必要があります。

こうした理解が必要な事柄が多いため、土地の名義変更などを自分で行う場合、登記や相続などにかかわる勉強が必要になるのです。