土地の名義変更の前・その時に必要な書類

土地の名義変更が必要になった!!

うわ・・面倒・・・土地の名義変更に必要な書類たち

土地の名義変更の前・その時に必要な書類

土地の名義変更が面倒だということの理由には、書類作成が難しいということもあり舞うが、添付書類がわけわからない!!という状態になることもあるからなんです。

土地の名義変更などの登記の場合、申請を行う前に、必要な調査があります。

その調査のためにも書類が必要になるのです。

調査に必要なものとして、土地の固定資産税の納付通知書が必要です。

権利証がある場合、被相続人である亡くなられた方などが土地を所有している可能性が高くなるわけですが、実際に持っているかどうかを確認するう必要があります。

権利証があっても、登記簿等で売買されていないかなどを確認する必要が出てきます。

固定資産税納付通知書で不動産の確認はできますが、もし、非課税である私道などがあった場合などや入り組んだ場所に土地があるという場合などには、公図の確認も必要になります。

土地が確かに存在し、その大きさ等が確かなものなのか、確認する必要があるのです。

これらの調査を行って初めて、登記事項証明書を取り、土地の状況を把握できます。

ここまでが準備段階。

土地の名義変更には、この書類で準備を行い、登録免許税、固定資産課税台帳登録事項証明書、不動産取得相続人の住民票抄本、戸籍謄本や除籍謄本、戸籍附票など様々な添付書類が必要になるのです。

これらの書類を理解し、添付するというのも大変です。

やっぱり専門家への依頼が最善って思いますよね。